また、産後は骨盤が開いた状態にあるので足を組むのはさけて、座るときは手でおしりの肉を中央に寄せるようにしてみましょう。 産後のダイエット情報あれこれ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/--(--)  | スポンサー広告

また、産後は骨盤が開いた状態にあるので足を組むのはさけて、座るときは手でおしりの肉を中央に寄せるようにしてみましょう。

産後といえば、やはりダイエットが気になるところです。 妊娠前の服が着れないとか、二の腕が太くなったなど、お悩みも色々です。 妊娠をしている間は、運動はもとより、普段から体を動かすことも少なくなりがちです。 また、お腹が大きくなるので動作がゆっくりになったり、体をねじったりがしにくくもなります。 それでは、当然筋肉も落ちますので、基礎代謝量が減り、カロリーを消費しにくくなってしまいます。 加えて、骨盤が開いた状態になるので、お尻が大きくなったり、下腹部が出たりする原因にもなります。 さらに基礎代謝が低くなり、太りやすい体質になったり、あとから体調をくずしたりしてしまいます。 ですから、産後ダイエットでは、摂取カロリーだけをカットするのではなく、基礎代謝を戻すようにしなければなりません。 まず食事ですが、特に授乳期はカロリーを気にするよりもバランスを考えて食べるようにします。 また、産後は骨盤が開いた状態にあるので足を組むのはさけて、座るときは手でおしりの肉を中央に寄せるようにしてみましょう。 産後の体の回復を考えながら、2~3ヶ月してから体重が落ちるようにすると良いですね。
スポンサーサイト
 

| 産後のダイエット情報あれこれ■TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。