骨盤を締めるために、コルセットやサポーターを巻きましょう。また、座るときも姿勢を正して座ります。 産後のダイエット情報あれこれ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/--(--)  | スポンサー広告

骨盤を締めるために、コルセットやサポーターを巻きましょう。また、座るときも姿勢を正して座ります。

産後ダイエット、あなたも不安に感じているかもしれません。 出産を終えてしばらく経って、体重は戻っても体型は戻らないなど、お悩みも様々。 妊娠中というのは、どうしても運動はもとより、体を動かすこと自体も制限されるようになります。 お腹が大きくなると、体をねじったりすることもしにくくなります。 それでは、筋肉もおとろえて、基礎代謝が下がり、太りやすい体質になってしまいます。 それに、骨盤も一時的に開いた状態なので、下腹部が出て、お尻も大きくなる原因にもなります。 産後ダイエットでは、元の体型に早く戻さなくてはという気持ちがあっても、無理をしてはいけません。 基礎代謝を低下させて、さらに太りやすくなったり、体調をくずしてしまったりします。 ですから、産後ダイエットでは摂取カロリーだけをカットするのではなく、基礎代謝を上げることが大切です。 はじめに食事ですが、授乳期は特にカロリーを気にするよりも、バランスを考えて食べるようにします。 骨盤を締めるために、コルセットやサポーターを巻きましょう。また、座るときも姿勢を正して座ります。 産後ダイエットは、体の回復も考えて2~3ヶ月してから体重が落ち始めるペースで行うとよいでしょう。
スポンサーサイト
 

| 産後のダイエット情報あれこれ■TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。