おまけに、骨盤が開いた状態にあるせいで、下腹部が出たり、お尻が大きくなる原因にもなります。 産後のダイエット情報あれこれ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/--(--)  | スポンサー広告

おまけに、骨盤が開いた状態にあるせいで、下腹部が出たり、お尻が大きくなる原因にもなります。

産後と切り離せないのがダイエットですね。 実際の年齢より老けて見られたり、おなかのぽっこりが戻らないなどお悩みも様々です。 妊娠をすると、どうしても運動をしたり、普段ちょっと体を動かすことも制限されるようになります。 また、お腹が大きくなるので動作がゆっくりになったり、体をねじったりがしにくくもなります。 それでは、筋肉もおとろえるので、基礎代謝の少ない、カロリーを消費しにくい体質になってしまいます。 なおかつ、骨盤が開いた状態にあるので、お尻が大きくなる原因や、下腹部が出たりします。 無理なダイエットに手を出してしまうと、体調を崩したり、基礎代謝を低下させて今以上に太りやすい体質になってしまいます。 しがって、基礎代謝を元に戻さずに、摂取カロリーだけをカットするようなダイエットはいけません。 特に授乳期の食事は、カロリーを気にするより、バランスを考えて食べることを重視します。 また、産後は骨盤が開いた状態にあるので無理に動きすぎたりせずに、リフォーム下着を着けて、ストレッチや軽い運動をしましょう。 母乳を止めたら、わじわ太りだしたという人もいるので、基礎代謝の高い体作りを心がけましょう。
スポンサーサイト
 

| 産後のダイエット情報あれこれ■TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。