妊娠中というのは、運動はもとより、なにかと体を動かすことが少なくなりがちです。 産後のダイエット情報あれこれ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/--(--)  | スポンサー広告

妊娠中というのは、運動はもとより、なにかと体を動かすことが少なくなりがちです。

産後ダイエットってふつうのダイエットとはちがうのでしょうか? お腹のぽっこりが戻らない、実際の年齢よりも老けて見られるなど、お悩みも色々。 妊娠中というのは、どうしても運動をしたり、体を動かすことが制限されてしまいます。 そして、お腹が大きくなるため、体をねじることもしにくくなるし、ひとつひとつの動作がゆっくりになります。 それでは、筋肉もおとろえて、基礎代謝が下がり、太りやすい体質になってしまいます。 その上、骨盤が開いた状態なので、下腹部が出たり、お尻が大きくなってしまう原因にもなります。 産後のダイエットでは、ついついあせってしまいがちですが、絶対に無理をしてはいけません。 あとあと体調を崩したり、基礎代謝をさらに低下させてもっと太りやすい体質になってしまいます。 したがって、産後ダイエットではカロリー摂取のカットだけではなく、基礎代謝をあげることが大切なのです。 授乳期の食事は特に、カロリーを気にするよりもバランスを考えて食べるようにします。 開いた骨盤を締めるために、下腹部にコルセットやサポーターをつけましょう。座るときは脚を組まずに、姿勢を正します。 母乳を止めたら、わじわ太りだしたという人もいるので、基礎代謝の高い体作りを心がけましょう。
スポンサーサイト
 

| 産後のダイエット情報あれこれ■TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。