おまけに、骨盤が一時的に開いた状態なので、お尻が大きくなったり、下腹部が出たりといった原因にもなります。 産後のダイエット情報あれこれ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/--(--)  | スポンサー広告

おまけに、骨盤が一時的に開いた状態なので、お尻が大きくなったり、下腹部が出たりといった原因にもなります。

産後ダイエット、あなたも不安に感じているかもしれません。 体重は戻ったのに、お腹のぽっこりが戻らないなんていう方もいるようです。 妊娠中は、どうしても運動はもとより、普段から動くことが少なくなりがちです。 そして、お腹が大きくなるので、体をねじったりもしにくくなるし、行動もゆっくりになります。 それでは、筋肉もおとろえるので、基礎代謝の少ない、カロリーを消費しにくい体質になってしまいます。 それに、骨盤も一時的に開いた状態なので、下腹部が出て、お尻も大きくなる原因にもなります。 産後のダイエットでは、ついあせって早く元の体型に戻そうとしがちですが、決して無理をしてはいけません。 あとあと体調を崩したり、基礎代謝をさらに低下させてもっと太りやすい体質になってしまいます。 ですから、産後ダイエットでは、摂取カロリーだけをカットするのではなく、基礎代謝を戻すようにしなければなりません。 特に授乳期の食事は、カロリーを気にするより、バランスを考えて食べることを重視します。
スポンサーサイト
 

| 産後のダイエット情報あれこれ■TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。