骨盤を元に戻すために、コルセットやガードルを下腹に巻いて、自然に腹筋や背筋をきたえましょう。 産後のダイエット情報あれこれ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/--(--)  | スポンサー広告

骨盤を元に戻すために、コルセットやガードルを下腹に巻いて、自然に腹筋や背筋をきたえましょう。

産後ダイエットを成功させるには、普通のダイエットとは少し違うポイントもあります。 出産を終えてしばらく経って、体重は戻っても体型は戻らないなど、お悩みも様々。 妊娠中は、運動はもちろん、ちょっと体を動かすこともなかなかできなくなります。 お腹が大きくなると、体をねじったりすることもしにくくなります。 そうしていると、当然筋肉量が減り、基礎代謝量が下がってカロリーを消費しにくく太りやすい体質になってしまいます。 さらに、骨盤が開いた状態なので、お尻が大きくなってしまったり、下腹部が出たりといった原因にもなります。 産後ダイエットでは、元の体型に早く戻さなくてはという気持ちがあっても、無理をしてはいけません。 あとあと体調を崩したり、基礎代謝をさらに低下させてもっと太りやすい体質になってしまいます。 したがって、産後ダイエットではカロリー摂取のカットだけではなく、基礎代謝をあげることが大切なのです。 何といっても、食事はしっかり3食が基本です。ただ、過食や間食には気をつけます。 また、骨盤が開いた状態にあるので、横座りや足を組むのはさけて、姿勢を正して座るようにしましょう。 妊娠中はなるべく代謝を落とさないように、マタニティースポーツをしたりすると、大きく体型を崩すことも少なくなります。
スポンサーサイト
 

| 産後のダイエット情報あれこれ■TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。