骨盤を締めるために、コルセットやサポーターを巻きましょう。また、座るときも姿勢を正して座ります。 産後のダイエット情報あれこれ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/--(--)  | スポンサー広告

骨盤を締めるために、コルセットやサポーターを巻きましょう。また、座るときも姿勢を正して座ります。

産後ダイエットを成功させるには、普通のダイエットとは少し違うポイントもあります。 実際の年齢より老けて見られたり、おなかのぽっこりが戻らないなどお悩みも様々です。 妊娠中は、どうしても運動はもとより、普段から動くことが少なくなりがちです。 それから、お腹が大きくなるせいで体をねじったりがしにくくなり、動作もゆっくりになります。 それでは、どうしても筋肉の量が落ちてしまいますし、基礎代謝が下がるためにカロリーを消費しにくい体質になってしまいます。 おまけに、骨盤が開いた状態にあるせいで、下腹部が出たり、お尻が大きくなる原因にもなります。 産後のダイエットでは、ついあせって早く元の体型に戻そうとしがちですが、決して無理をしてはいけません。 無理なダイエットをしていると、後々体調をくずしたり、基礎代謝をさらに低下させてもっと太りやすい体質になってしまいます。 だから、基礎代謝を元に戻す努力をしないまま、摂取カロリーをカットするようなダイエットは厳禁です。 まず、食事はきちんと3食摂りましょう。ただし、過食や間食には気をつけて。 また、骨盤が開いた状態にあるので、横座りや足を組むのはさけて、姿勢を正して座るようにしましょう。 産後は体の回復も考えて、2~3ヶ月くらいしてから体重が落ち始めるようにすると良いですね。
スポンサーサイト
 

| 産後のダイエット情報あれこれ■TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。