骨盤を元に戻すために、コルセットやガードルを下腹に巻いて、自然に腹筋や背筋をきたえましょう。 産後のダイエット情報あれこれ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/--(--)  | スポンサー広告

骨盤を元に戻すために、コルセットやガードルを下腹に巻いて、自然に腹筋や背筋をきたえましょう。

産後といえば、心配なのはダイエットです。 体重は戻ったのに、体型は戻らないなんていう方も多いようです。 妊娠中というのは、どうしても運動をしたり、体を動かすことが制限されてしまいます。 また、お腹が大きくなると、体をねじったりもしにくくなり、行動もゆっくりになります。 そうしていると、どうしても筋肉量が落ちて基礎代謝も下がってしまうため、カロリーを消費しにくい体質になってしまうのです。 それに、骨盤も一時的に開いた状態なので、下腹部が出て、お尻も大きくなる原因にもなります。 産後ダイエットは、あせったり、無理をしてはいけません。 無理なダイエットでは、後から体調をくずしたり、基礎代謝がさらに低下して、ますます太りやすい体質になります。 この様な理由から、産後ダイエットでは摂取カロリーだけをカットするのではなく、基礎代謝を戻す努力が必要です。 やはり、食事は3食キチンとよく噛んでいただきます。それから、過食や間食には気をつけて。 それから、開いた骨盤を締めるためにコルセットやサポーターをつけましょう。ウエストをきつく締めるのではなく、骨盤の上に巻くような感じがいいと思います。 赤ちゃんがしっかりお座りできるようになれば、ベビーカーウォーキングもおすすめです。
スポンサーサイト
 

| 産後のダイエット情報あれこれ■TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。