おまけに、骨盤が一時的に開いた状態なので、お尻が大きくなったり、下腹部が出たりといった原因にもなります。 産後のダイエット情報あれこれ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/--(--)  | スポンサー広告

おまけに、骨盤が一時的に開いた状態なので、お尻が大きくなったり、下腹部が出たりといった原因にもなります。

産後のダイエットについて、あなたは心配ではありませんか? 出産を終えてしばらく経って、体重は戻っても体型は戻らないなど、お悩みも様々。 妊娠中というのは、運動はもとより、なにかと体を動かすことが少なくなりがちです。 それから、お腹が大きくなるせいで体をねじったりがしにくくなり、動作もゆっくりになります。 それでは、当然筋肉も落ちますので、基礎代謝量が減り、カロリーを消費しにくくなってしまいます。 その上、骨盤が開いた状態なので、下腹部が出たり、お尻が大きくなってしまう原因にもなります。 産後は、「早く元の体型に戻したい!」とあせる気持ちはわかりますが、無理は禁物です。 体調を崩したり、ますます基礎代謝を低下させて今以上に太りやすい体質になってしまいます。 ですから、基礎代謝を戻さずに、単純にカロリーをカットするようなダイエットは厳禁です。 まず食事ですが、特に授乳期の間は、カロリーよりもバランス重視で食べるようにします。 また、骨盤が開いた状態にあるので、横座りや足を組むのはさけて、姿勢を正して座るようにしましょう。 産後は体の回復も考えて、2~3ヶ月くらいしてから体重が落ち始めるようにすると良いですね。
スポンサーサイト
 

| 産後のダイエット情報あれこれ■TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。